語学と多言語学習のメモブログ

外国語の勉強法と,各種言語に独学で入門するための動画まとめです。

アゼルバイジャン語はトルコ語の方言と言えるほど似ており,歴史的にラテン文字とキリル文字を併用

アゼルバイジャン語はトルコ語とよく似ており,トルコ語の方言といってもよい。

そのためアゼルバイジャンでは,トルコ語を脅威ともみなしており,トルコ語に取り込まれるのではと感じているらしい。

アゼルバイジャン語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A...

  • トルコ語によく似ているが、語彙や文法においてロシア語やペルシア語の影響も大きい。


無題
http://www.geocities.jp/azerbaijancas...

  • アゼルバイジャン語はテュルク諸語の仲間で、ウズベキスタン語やトルコ語ととても近い言語です。  ですからアゼルバイジャン人とトルコ人が自分たちの言語で話しても、問題なく会話ができます。


7章-1 アゼルバイジャンに来ちゃった
http://callmenew.web.fc2.com/azerbaij...

  • 言語もアゼルバイジャン語(アゼリー語)でトルコ語とだいぶ似ている。 トルコに似ている・・・?ということは!!! 「ニーハオ!」 「ニーハオ!」 「ニーハオ!!」 うおおーーーーー!!! 中国人に思われてるけど人が優しいーー!!! イスラム教徒は困っている人を助けるというのが当然らしいのです。


トルコ語は、アゼルバイジャン語にとって危険な存在
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/...

  • トルコ語については、同様とは言うことができません。2つの言語はとても似ているため、トルコ語がアゼルバイジャン語を飲み込んでしまうかもしれないのです。我々の地域ではみんなトルコのテレビドラマを見ています。

アゼルバイジャン語はかつてアラビア文字だった。


しかしアゼルバイジャンがロシアに吸収されたとき,ロシアはアゼルバイジャンをイスラムから引き離したかった。

そのためにアラビア文字の使用をやめさせ,ラテン文字を使わせた。


ところがその後,ソ連にとっての宿敵であるトルコも同じようにラテン文字を使い始めた。

ソ連にとって,イスラム圏だけでなく,トルコともアゼルバイジャンを引き離したかった。


なので,さらに文字を変えさせ,今度はキリル文字を使わせ始めた。

おかげでソ連にとっては都合がよく,アゼルバイジャン語の話者をロシア語の学習に引き寄せやすくなった。

文字によって政治的な圧力をかけたのである。

これがソ連体制の間つづいた。


ソ連崩壊に伴い,アゼルバイジャンは独立しラテン文字の採用に戻った。

だが,キリル文字の時代が長かったので,キリル文字を使った情報も多く,キリル文字を簡単には捨てられなかった。


そのため,アゼルバイジャンではラテン文字だけでなく,キリル文字も併用しながら新聞などが発行されているのである。

古い時代と新しい時代の文字が混在しているということになる。

世界の文字
http://www.chikyukotobamura.org/muse/...

  • アラビア文字からラテン文字への変更が急速に行われた背景には,それまでの文献へのアクセスを困難にすることにより,伝統文化,特にイスラムと絆を断ち切る意味があった


アゼルバイジャン語|ことばこ!〜言葉と本のおもちゃ箱〜
http://ameblo.jp/rafgeymirid/theme-10...

  • これはソ連の圧力によって行われたそうなので、もしかしたらアルファベット導入によりイスラム側との繋がりを断とうとしたのではないでしょうか?いずれにせよ、これにより、新しい国の公用語としてアゼルバイジャン語はスタートすることになります。
  • しかし、問題が発生します。お隣のトルコが1928年にトルコ語のアルファベットを発布したのです。スターリンはこれに頭を抱えます。だって、せっかくアゼルバイジャンを文字の面で他の国から独立させたと思ったのに、よりにもよって宿敵トルコが同じ文字を使うようになったのですから。 「じゃあ、ラテン文字が駄目なら違う文字にすればいいじゃないか。」キリル文字導入


アゼルバイジャン語
http://www.asahi-net.or.jp/~WY4M-MZID...

  • ソ連崩壊後にはキリル文字を再びラテン文字化しようという試みがあり、現在も2種類の文字が並存しています。これまでの蓄積を失わないためには文字の変更は避けたいところですがそうはいかないようです。新聞もキリル文字のものとラテン文字のものがあようです。


アゼルバイジャン語の「こんにちは」は「サラム」。

アゼルバイジャン語会話集 - Wikitravel
http://wikitravel.org/ja/%E3%82%A2%E3...

  • こんにちは。 Salam. (サラム)