読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学と多言語学習のメモブログ

外国語の勉強法と,各種言語に独学で入門するための動画まとめです。

2015年・上半期(6月まで)に,人気があった記事のランキング。本ブログ内で,多言語学習のために最も多くアクセスされたページ

当サイト内で,2015年の前半にもっともアクセスの多かった記事のランキング。

どんな記事に需要があるのか?

日本で英語以外の外国語というと,韓国語の人気は非常に高い。
地理的に近いので旅行先として人気があるためだ。

中国に比べれば数や国土面積の面では劣るものの,
中国よりも韓国のほうが文化的に進んでおり,
安心できて治安のよいイメージがある。

韓国語は,実は発音が極めて難しい。
文字そのものは記号的で習得しやすいほうだが,
文字同士の組み合わせで発音が不規則かつ複雑に変化する。
下手すると,中国語よりもやっかいかもしれない。
そのため,韓国語の発音を学ぶための動画集が
ランキング1位となっている。

ヨーロッパの言語で言うと,
メジャーなスペイン・ドイツ・フランスの3つにニーズがある。
これらは大学の第二外国語の講義で学ぶ学生も多く,
ルネサンス以降の文化的な資産を享受するための
ツールでもあることから,日本でも安定した注目を得ている。

日本の方言として,琉球語をピックアップした記事も
よく読まれている。
これは韓国語の場合と同じく,旅行先として選ばれることが多いので
その土地に根付いている言語を調べようと考える人が
常に一定数,存在するためだ。

東南アジアで言うと,
タイ語・タガログ・ラオス語・ネパール語などに関心が高い。
とくに,ラオス語は
タイ語に押されて影が薄くなりがちであるにもかかわらず,
第9位にランクインしている。
これは,本サイトのほかに情報源が少ないためだ。

スラブ系の言語を見ると,
ロシア語よりもポーランド語のほうがなぜか人気が高い。
これは不思議な現象だが,ポーランドが親日国のために
ポーランド人がそれなりに多く来日していることが一つの要素だろう。

言語の歴史的な側面や言語学的な知識について言えば,
ベトナム語の漢越音について知りたい人がそれなりに多い。
これは,ベトナム語の学習において暗記の労力を
大幅に削減させる見込みを持つような便利な道具となりうるからだろう。
また,西洋文明に多大の影響を及ぼしてきた旧約や新約の
原典を調べたい,というニーズもそこそこある。

語学の面白みは,ずばり多様性だろう。
多様な言葉や表現方法や,斬新な言語性を通じて,
多様な文化に接するための切り口を持つことができる。
本サイトでは今後も多様性を重んじ,
メジャーどころだけでなくマイナーとされる言語の習得法にも
引き続き光を当ててゆきたいと思う。

記事の総合ランキング