読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学と多言語学習のメモブログ

外国語の勉強法と,各種言語に独学で入門するための動画まとめです。

英語学習の効率化に役立つ,有名な「英単語リスト」のまとめ。GSLやAWLなどの一覧表

英語の学習を効率よくサポートするための,有名な「単語リスト」のまとめ。

ビジネス用途や言語学の研究結果などで,
「これだけ知っていれば大丈夫」という
主要な英単語のリストが存在する。

出現頻度が高いワードだけを集めてあるので
英語を学ぶ人にとって役立つ。

(1)GSLとAWL

まず定番だが,ちょっと古い英単語リスト。合計5千語。

日常会話と学術用語をカバー。


概要:

GSL(General Service List)

  • 1953年。日常会話
  • 見出し2284個,総数3623語


AWL(Academic Word List)

  • 2000年。GSLを補完する学術用語
  • 見出し570語, 総数1533語


GSL(基本語2000+派生1500)がカバーする日常会話:

基本単語リスト GSL (General Service List) 2284語 - 英語学習SNS Q-Eng
http://q-eng.com/diary/6454

  • 英国の言語学者 Michael West (1888-1973) が1953年に発表した基本単語リスト。
  • 500万の単語から 必習単語を頻度順で選別
  • Headwords 約2000語 と Related Words 約1500語で構成され、 総語数 約3500語。
  • 学習辞書の定義、語彙限定本、単語学習書 などの元となり、今なお評価は高い。
  • GSLは 日本の受験や資格試験というよりは、英米での実用向きと言える。


日常会話の80%をカバーするGeneral Service Listとは - もりぐち!!!!
http://d.hatena.ne.jp/wof_moriguchi/2...

  • このリストの単語だけで日常会話に占める単語の80%を占めている


北の留学工房 ムダなく、効率的に英単語をマスターする為にはどうしたらいい?? --- 書き言葉の80%、話し言葉の90%をカバーする単語リスト -- なぜか日本では知られていないGSL
http://www.withjetstream.com/blog-ent...

  • 言語学研究でも、書き言葉の80%, 書き言葉の90%をカバーすることが分かっている GSL ( General Service List)


The General Service List
http://jbauman.com/gsl.html

  • 順位つきの一覧表,全2284語


AWL(570個の単語グループ,総数3000語程度)がカバーする学術英語:

大学単語リスト AWL (Academic Word List) 570語 - 英語学習SNS Q-Eng
http://q-eng.com/diary/5527

  • 570の Word Familiesがあり 各代表語が Headword (又はParent word)と呼ばれる。
  • AWLの総語数は3102 になるが、三単元、規則動詞過去、進行形、複数を含んでおり, 辞書の見出語レベルなら 1533語。


EAP Vocabulary
http://www.uefap.com/vocab/select/awl...

  • Selecting vocabulary: Academic word list Academic Word List Coxhead (2000).
  • The most frequent word in each family is in italics. There are 570 headwords and about 3000 words altogether.
  • 一覧表。


GSLとAWLの組み合わせ:

英単語を着実に覚える7ステップ | 英会話上達ドットコム
http://www.eigo-kaiwa.com/skil/7steps/

  • GSLは英国の言語学者Michael Westが1953年に発表した基本単語リストで、500万単語から必習単語を頻度順で選別されています。
    • 日常会話の8割?9割をカバーすると言われております。
  • 一方のAWL(Academic Word List)は、ニュージーランドのビクトリア大学教授であるAveril Coxheadが、英語圏の大学の教科書に出てくる単語(約350万語)を頻度別に分析し整理した単語リストです。


無料なのに効果的な基本英単語リストのまとめ | 逆転英語ガイド
http://gyakuten-eigo.net/guide/lists-...

  • Ogden’s Basic English Word List
    • 「Basic(基本)英語」という 国際言語として普及させるために簡略化した英語を 成立させるために厳選された850の単語のリスト
  • GSL (General Service List)
    • 巨大な英語のコーパスを基に、 出現頻度が高いものを約1500語、 そしてそれらとセットで覚えるべき単語や 教育的に覚えておくべきという理由で選定された単語が約500語、 あわせて約2000語からなる英語の基本単語のリスト
    • そこに関連語1500語を加えると3500語になる
  • AWL (Academic Word List)
    • 学術的な英語を理解するために重要な、 上記のGSLの次に学ぶべき単語として選ばれた、570語
    • 学術英語の約9%(GSLと合わせると約87%)をカバーしている。
  • NGSL(New General Service List)
    • 上記のGSLを最新のコーパスを用いて、 2013年にBrowne、Culligan、Phillipsにより大幅に刷新された 2368語からなる現代版の基本英単語リスト

(2)NGSLとNAWL

概要:

NGSL(New General Service List)

  • 2013年。日常会話向け。GSLを改訂したもの
  • 見出し2368語,総数2818語


NAWL(New Academic Word List)

  • 2014年。学術向け。AWLを改訂したもの
  • 見出し963語,総数は5千語ほど


GSLとAWLを改訂し,
日常会話向けのNGSL(2368語)と
学術向けのNAWL(963語):

NGSLとNAWLの紹介と収録単語 | 逆転英語ガイド
http://gyakuten-eigo.net/guide/ngsl-a...

  • NGSL(New General Service List)とは、 2013年にGSLを大幅に改訂したもの。
    • 2368語からなる現代版の基本英単語リストです。活用変化したもののみをまとめる単位に直すと、 GSLが3623語なのに対し、NGSLでは2818語と約800語も少なくなっています。
  • NAWL (New Academic Word List)
    • NGSLの単語を学んだ後に追加して学ぶことにより、 学術的文書に登場する単語をより効率よくカバーできる (NGSLに出てくる単語を除いた)963語の単語リストです。
    • AWLと比べると,NAWLは純粋に学問的・知的な単語のリストという その本来意図されている形に近づいている。
  • NGSLとNAWLのXLSファイル


NGSL/NAWL Definitions ? A New General Service List (1.01)
http://www.newgeneralservicelist.org/...

  • you can download several different sets of definitions for the NGSL and NAWL as follows.


新大学単語リスト NAWL (New Academic Word List) 963語 - 英語学習SNS Q-Eng
http://q-eng.com/diary/17441

  • 2014年、日本の外国人教授* が従来AWLを大幅に見直した大学単語リスト(963語)


The New Academic Word List (NAWL) - Jodie William Campbell's (ジョディ ウイリアム キャンベル)ESL/EFL Resources & Tools for STUDENTS @ Kyoto Notre Dame University
http://jodiewilliamcampbelleslefl.wee...

  • The NAWL has 963 headwords and about 5000 words total.

(3)ビジネス向けの単語リスト

グロービッシュの1500語。

aやbeなどの基本語も含まれており,ビジネスに特化した簡易英語。

非ネイティブの英語術 年齢不問 1500語だけで話せる グロービッシュのすゝめ | Last Day. jp
http://www.lastday.jp/2010/09/15/non-...

  • グロービッシュは元IBMのビジネスマンであるフランス人のジャン=ポール ネリエール氏が、ビジネス用に開発した簡易版の英語。簡単に言えば、ブロークンイングリッシュを体系化したものだ。必要なのは1500単語だけ


「グロービッシュ」とは何か - the40-present_globish-1500words.pdf
http://the40.s3.amazonaws.com/present...

  • 「流暢に話せないにしても、話の内容が伝われば良いのではないか」、 という発想から、非ネイティブスピーカーのためのコミュニケーションツール として、「グロービッシュ」が生まれました。


グロービッシュ1500単語帳
http://www.globish.denken-dvd.com/


グロービッシュ 英単語1500 - グロービッシュ英語勉強入門
http://globishyou.seesaa.net/article/...

  • グロービッシュで使われる必須英単語1500の一覧です。


いちおう「TOEICの頻出単語」も,ビジネス向けの単語リストだ。

ビジネス英語&TOEICで最もよく用いられる150の英単語
http://www.linkage-club.co.jp/ExamInf...

  • ここでは英語を必要とする日本人ビジネスマンにとって最大公約数的な頻出ビジネス英単語を150個掲載しました。
  • ここに掲載した英単語は TOEIC を受験する英語学習者にとっても是非覚えておきたい単語です。


英単語一覧
http://www.eigo-duke.com/tango/tangoi...

  • 中学校から高校で習う英単語の一覧、さらにTOEIC頻出単語と重要単語からお選び下さい。

(4)やや特殊な用途の基本語リスト

オグデンの850語,ベーシック英語のために使用。

いわゆる「語数制限の縛り」のついた,やや特殊な用途のシンプル英語。

語数を絞って,英英辞典や説明用の英文を執筆するときなどに役立つ。

そのため,ビジネスなどの場面で実用性があるわけではない。

ベーシック英語 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%...

  • ベーシック英語(ベーシック・イングリッシュ)(Basic English)
  • イギリスの心理学者、言語学者のチャールズ・ケイ・オグデンによって考案された基礎語850語とその使用ルールである。
  • 文法は英語の文法を簡略化したもので、少ない単語で全ての事象を表現することが可能であるとされる。


齋藤兆史「日本人と英語」(研究社): On Basic English
http://www.yasushi-studio.com/on_basi...

  • Basicの第一の目的は、国際補助語となること。すなわち、一般的な意思疎通、商業、科学において使用可能な第二言語となることにあります。 そのための手段の中核を成すのが850語の単語ではありますが、それがすべてではない


日本ベーシック・イングリッシュ協会 ベーシック・イングリッシュとは?
http://homepage3.nifty.com/BasicEngli...

  • 850の単語のうち、いわゆる動詞として使えるのは、come, get, give, go, keep, let, make, put, seem, take, be, do, have, say, see, send の16語だけです。
  • またいわゆる助動詞として使えるのは、may, will の2語だけです。


言語学で使うスワディッシュのリスト,207語。

言語同士の近さを判定するために使用される。

スワデシュ・リスト - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%...

  • スワデシュ・リストは、語彙統計学や言語年代学において、一般に同族の言語が分岐したおおよその年代を決定するのに用いられる
    • 言語同士の関係の近さは、現代語の語彙のリストにおける同根語の数に, おおまかには比例する。幼年期の初期に学習されるような基礎的な単語は、時間の経過に対して非常にゆっくりとしか変化しないからである。
  • 以下に掲載するのは英語と日本語におけるスワデシュ・リストの207の単語である。スワデシュがさらに重要な100の単語のリストに選んだ単語は太字で示している。


Appendix:Swadesh lists - Wiktionary
https://en.wiktionary.org/wiki/Append...

  • 多言語でスワディッシュのリストを掲載:English, French, German, Italian, Spanish, Dutch, Swedish, Latin